AGA克服におすすめ「飲む発毛剤」の効果比較サイト 薄毛・抜け毛の悩みも今日まで!おすすめの飲む発毛剤でAGA改善ガイド

デュタス

発毛効果
★★★★★
購入価格目安
2,620円(30錠)~
安全性
★★★★★

プロペシア

発毛効果
★★★★☆
購入価格目安
4,865円(28錠)~
安全性
★★★★★

フィンペシア

発毛効果
★★★★☆
購入価格目安
2,090円(30錠)~
安全性
★★★☆☆

ミノキシジルタブレット

発毛効果
★★★★☆
購入価格目安
4,710円(100錠)~
安全性
★★★☆☆
おすすめ発毛剤の効果比較サイト » 抜け毛の原因から学ぶ!発毛に関する基礎知識 » 通常のヘアサイクルとAGAヘアサイクルの違い

通常のヘアサイクルとAGAヘアサイクルの違い

髪の毛はずっと生え続けるものではありません。一定期間が過ぎると自然に抜けて、また生えるという行為、ヘアサイクルが繰り返されます。

ですがAGAを発症すると、髪の毛が十分に育たないまま抜けてしまい、地肌が見える状態に。ここではAGAと通常のヘアサイクルの違いと原因を追及します。

一般的なヘアサイクルのメカニズムとは

ヘアサイクルは成長期・退行期・休止期の3つの時期で繰り返されます。ですがそのサイクルが崩れてしまうと、髪の毛が充分に育たないまま抜けてしまうので、負のスパイラルに陥ってしまいます。

正常時のヘアサイクル

毛母細胞が分裂を繰り返す成長期では、通常約2~6年をかけて、太く長い髪の毛を生成。髪の毛の90%以上がこの時期に作られるため、毛母細胞の働きは発毛の大きなカギといえます。

退行期には、毛母細胞の分裂が次第に落ち着き、髪の根元にある毛球が次第に小さくなります。毛球が完全に退化するまでの期間は約2週間。

休止期に入ると、毛母細胞の分裂がストップするため、髪の成長は完全に止まります。シャンプーや髪をブラッシングしたとき、髪の毛が抜けるのは、休止期に入っているから。3ヵ月後の休止期を終えると、新しい髪の毛が生えてきます。

AGAの方のヘアサイクル

AGAになると、約2年~6年ある成長期が、数ヵ月から約1年という短さに。コシのある髪の毛を作る時期であるにもかかわらず、通常と比べて1/6と限られた時間しかありません。そのため、コシのある髪ではなく、短くて細い髪のままで成長が止まってしまいます。

ただし、成長期が短くなる=退行期・休止期も自然に短くなる…というわけではありません。通常のヘアサイクルと同様、2週間かけて毛球が退化し、3ヵ月間で毛母細胞の活動が完全に止まります。つまり、AGAのヘアサイクルは「成長期の期間だけ」がとても短い状態なのです。

AGAを引き起こす原因とは?

そもそもAGAを発症する原因、それは男性ホルモンの1つである「DHT(ジヒドロテストステロン)」が大きく影響しているといわれています。しかし、このDHTはもともと単体で存在しているわけではありません。

男性ホルモンの1つとされるテストステロンが、5αリダクターゼと呼ばれる物質と結合して作られたものです。

ちなみにテストステロンは、男性のたくましい骨や筋肉はもちろん、精子を作り出す欠かせない男性ホルモン。一方5αリダクターゼは、テストステロンの手助けをする物質のため、健康的かつたくましい体をつくるには、どちらも必要不可欠な存在なのです。

この5αリダクターゼの分泌量は「遺伝」が大きく関係しています。分泌量が多いぶん、DHTが生み出されるので、結果としてAGAが発症される確率が高くなるのです。

DHT生成を避けるには、5αリダクターゼの分泌を抑えなければなりません。「亜鉛」は、5αリダクターゼを抑制させるだけでなく、髪の毛を作り出す「ケラチン」の元となる、まさに一石二鳥の成分です。

生ガキやレバー、シジミに多く含まれていますよ。食材で摂取するのは難しい…という方は、サプリメントで補ってみてはいかがでしょうか。

30代の発毛治療体験記
おすすめの飲む育毛剤

本気でAGAを克服したい!そんな男性の皆さんに向けて、身体の中から薄毛・抜け毛を改善してくれる「飲む発毛剤」の効果をお届けしているサイトです。ほかにも、発毛に関する情報もまとめています。

効果が高く安全な飲む発毛剤をチェック
Site map