AGA克服におすすめ「飲む発毛剤」の効果比較サイト 薄毛・抜け毛の悩みも今日まで!おすすめの飲む発毛剤でAGA改善ガイド

デュタス

発毛効果
★★★★★
購入価格目安
2,620円(30錠)~
安全性
★★★★★

プロペシア

発毛効果
★★★★☆
購入価格目安
4,865円(28錠)~
安全性
★★★★★

フィンペシア

発毛効果
★★★★☆
購入価格目安
2,090円(30錠)~
安全性
★★★☆☆

ミノキシジルタブレット

発毛効果
★★★★☆
購入価格目安
4,710円(100錠)~
安全性
★★★☆☆

ほかにもある!抜け毛の治療法とは

自毛植毛は自分の毛根を移植する画期的な発毛法ですが、手術を伴う以上、失敗のリスクも。このページでは自毛植毛の特徴や効果・失敗例、副作用の有無、施術の流れなどについて、詳しく説明いたします。

自毛植毛の特徴

自毛植毛は、自分の後頭部や側頭部の髪を薄毛が気になる部分へ移植する施術法です。より詳しく言うと、移植するのは毛包という毛母細胞や毛根などが生えるために必要な集まりです。AGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛包を移植した場合、たとえ現状よりAGAが進行したとしても、移植した毛根から髪の毛が生えてくるので、頭皮環境を再生することができます。

平均費用は50万円以上とやや高め。移植する範囲によって料金の変動があるので、状況によっては平均額よりもっと高額になることも考えられます。また植毛した部分が完全に生えそろうまでには、1年近くかかることもあるので、心得ておきましょう。

自毛植毛の効果

自毛植毛は、自分の毛包を手作業で薄毛の部分に移植するので、髪質や色などが自然で、周囲の髪とよく馴染むのが魅力。皮膚が拒否反応を起こしにくいという、メリットもあります。移植した髪の生着率は95%以上と言われ、とても効果が高い施術法です。メンテナンスもいらず、だいたい3ヵ月ほどで発毛効果を実感できます。

自毛植毛の気になる副作用は?

自毛植毛の場合、局部麻酔を行うので痛みはほぼ感じませんが、手術後に頭皮の腫れ・頭痛・出血を起こすことがあります。ほかにも、移植した部分への違和感が数ヵ月続くケースも。これは移植部分の細かい知覚神経が切断されたことが原因で、だいたい2~3ヵ月で回復します。

また手術によるリスクも、注意したい点。「移植した生え際に産毛がない」「体調により定着率が低い」「傷跡が多少残ってしまう」というケースも考えられます。このリスクを最小限に抑えるためには、発毛専門クリニック選びがとても重要です。

自毛植毛は、一般的なAGA治療が効かない場合の手段として考えるのがベストかもしれません。

自毛植毛の施術法

主な移植法は「FUT法」と「FUE法」の2種類です。自毛植毛では後頭部や側頭部から毛包を採取して「グラフト」という単位で株分けし、移植を行います。移植の方法は大きく分けると2種類あって、メスを使う施術法と、使わない施術法に分かれます。

FUT法

1cm幅×10~20㎝の長さで、頭皮ごと切り取って、毛包を一つ一つ移植します。世界の多くの国で採用されている施術法で、メスを必要としますが、移植後の生着率は95%以上と非常に高い効果があることが特徴です。

FUE法

メスの代わりにパンチという器具を使用し、直径1mmほどの幅で毛包を1つずつ採取する方法です。パンチで毛包を採取する際、毛根を傷つけてしまうリスクがあり、FUT法に比べると、移植後の生着率は70%程度まで減少します。グラフト数が少ない場合やメスを使用したくない人には、有効でしょう。

自毛植毛の施術の流れ

自毛植毛の具体的な施術の流れについて紹介します。

STEP1:カウンセリング

自毛植毛を行うにあたり、髪の悩みやどのような仕上がりにしたいのかなどをヒアリングします。診察ではAGAの診断・薄毛箇所・頭皮の柔らかさや形状などを確認し、毛包の移植元の範囲の診断、手術法(FUT法・FUE法)の検討をして手術回数の説明が行われます。料金の説明もあるので、不明点や疑問点はその場でしっかりと確認しましょう。

STEP2:自毛植毛施術開始

手術当時は、まず洗髪・消毒を行い頭皮を綺麗にします。そのあと、移植元の部分から毛包を採取。採取方法は施術法により異なりますが、どちらも局所麻酔を施しますので、痛みなどはほぼ感じません。

採取した毛包は、一本ずつ手作業で「グラフト」単位に株分け。移植先のバランスを考慮しながら、移植箇所に手作業で植え込んでいきます。

手術回数は平均1~2回。一度に移植できる最大グラフトは多くても3,000本で、毛髪で例えると最大6,000本ほどになります。1回の施術に、診察や準備時間、施術後のケアなどを含め、6時間ほどかかりますので時間に余裕のある日を選びましょう。

STEP3:術後のケア

施術後、翌日以降に再来院して包帯を取り、移植部の抜糸を行います。ただし、時間がたつと溶けてなくなる手術糸を使用している場合、その必要はありません。

ケアの内容は医療機関によって違いがありますが、ほとんどの場合1週間後に通院し経過診察を行います。また半年に一度、無料定期健診を行っている医療機関などもあります。

自毛植毛手術は、洗髪制限や運動制限など、術後に気をつけないといけない項目がいくつかありますので、毛包が正常に定着するまでの期間、医療機関の指示をきちんと守ることが大切です。


自毛植毛の施術費用は平均でも50万以上と高額で、移植の範囲によってはさらに費用が増加していくリスクがあります。あくまでAGA治療による効果が、見込めない場合の手段として考えましょう。

人によって合う治療方法はさまざまなので、初めてAGA治療を考えている方は、まず医師へ相談することをお勧めいたします。

30代の発毛治療体験記
おすすめの飲む育毛剤

本気でAGAを克服したい!そんな男性の皆さんに向けて、身体の中から薄毛・抜け毛を改善してくれる「飲む発毛剤」の効果をお届けしているサイトです。ほかにも、発毛に関する情報もまとめています。

効果が高く安全な飲む発毛剤をチェック
Site map